辛い外反母趾の痛みに悩んでいませんか?症状がでたら手術をしなければ治らないという人もいますが、努力すれば自力でも治療可能です。

歩き方を変える治療とは?(テーピングで効果が出ない理由)

私は現在も、患者さんにテーピング治療を行っています。

ですから、テーピングによる治療方法が悪いとは思っていません。

ただ、テーピングの治療が外反母趾の根本的な改善になるとは思っていません。

実際私がテーピングのみで治療していた頃は、正直に申し上げて、半分くらい方は改善の効果が見られましたが、残り半分の方には改善が見られませんでした。

この理由について、私はこう考えています。

外反母趾の本当の原因は、“ペタペタ歩き”という悪い歩き方によって、横アーチ筋が退化する事です。

テーピングというのは、外からの力で強制的に指をまっすぐに広げ、そして、横アーチを作ってあげる事を目的としますので、テーピングの治療を施す事は、横アーチ筋を鍛える事にはつながらないのです。

ところが、テーピングによって、指をまっすぐにし、横アーチを強制的に作ってあげることによって、歩き方が楽になり、“ペタペタ歩き”から正しい歩き方で歩けるようになる方がいらっしゃいます。

実際にテーピングを施した後、「歩きやすくなりました」「足に力が入るようになりました」とおっしゃる患者さんがいます。

つまり、テーピングによって、正しい歩き方が自然と出来るようになれば、改善がみられるが、それでも、“ペタペタ歩き”の習慣が戻らない方は、治らないという事です。

ですから、私は外反母趾の患者さんには、まず、正しい歩き方を指導します。

そして、その上で、痛みがひどくて上手く歩けない、変形がひどくて上手く歩けないという場合には、正しい歩き方を身につける手助けとして、テーピングの治療を施しています。

自宅で簡単にできるので、手術をする前にこの外反母趾治療法を試してはいかがですか

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。外反母趾に関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

MENU

歩き方を変える治療とは?

外反母趾wiki

当サイトに関して