辛い外反母趾の痛みに悩んでいませんか?症状がでたら手術をしなければ治らないという人もいますが、努力すれば自力でも治療可能です。

歩き方を変える治療とは?(整形外科の治療の疑問)

私の治療院にも、一度整形外科にかかられて、治らずにいらっしゃる患者さんが多くいらっしゃいます。

実は、多くの整形外科では、手術を必要とする重度の外反母趾以外は、「このまま様子を見てください」「グーパー運動やタオルつかみを自分で行ってください」と指導されるだけで、それ以上対応してもらえる病院は少ないのが現状です。

対応してもらえたとしても、電気治療や、インソールを制作して経過観察をする程度なので、とても改善につながる結果を残す事はできません。

なぜ、整形外科では、このような対応しかされないかと言うと、それは、外反母趾の治療を“手術の適応であるか否か”という基準でしか判断しておらず、手術以外の治療法については、積極的に行うという考え方がないからです。

足の専門医で構成されている学会の外反母趾関連の研究発表でも、手術方法に関する発表がほとんどを占めています。

これが、外反母趾に対する足の専門医の認識ですから、一般の整形外科に手術以外の治療を望んでも、なおさら無理なことなのです。

私が、この状況において非常に残念でならないのが、外反母趾は、初期の段階であれば、それ以上の進行を防ぎ改善させるには、とてもうってつけのタイミングであるのに、現実は、効果の期待できない対応しかされていないという事です。

前にも述べましたが、親指の変形がひどくなっては、治すにも非常に時間がかかりとても苦労します。

しかも、正しい治療法を知っているか知らないか、つまり、その日から“悪い歩き方”を“正しい歩き方”に変えるだけ、たったそれだけの事なのに、効果的な治療を受ける事ができずに、手術が必要なまで悪化させてしまう方がどれだけ多くいる事か、考えただけで怒りさえ込み上げてきます。

さらに、手術を受け、せっかく指が真っ直ぐになったにもかかわらず、外反母趾が再発するケースがあります。

それは、外反母趾の本当の原因、“ペタペタ歩き”が治っていないためで、根本的な治療を行っていないので、当然と言えば当然かもしれません。

もちろん、手術によって形がよくなり、自然に正しい歩き方ができるようになって、回復する方もいますが、大きな問題点は、「形が良くなれば、大丈夫だろう」と当たり前のように患者さんのみならず、医療関係者までが思っている事です。

もちろん、外反母趾の症状が重度の場合では、手術という治療法はとても効果的なものです。

ですから、外反母趾に悩むあなたには、なぜ、外反母趾になってしまうのか、本当の原因を理解していただき、あなたの症状にあった適切な治療法を選んでいただきたいと思っています。

自宅で簡単にできるので、手術をする前にこの外反母趾治療法を試してはいかがですか

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。外反母趾に関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

MENU

歩き方を変える治療とは?

外反母趾wiki

当サイトに関して