辛い外反母趾の痛みに悩んでいませんか?症状がでたら手術をしなければ治らないという人もいますが、努力すれば自力でも治療可能です。

歩き方を変える治療とは?(開張足)

実は、外反母趾の人の足には、100%全員が共通する“ある”特徴があります。それは、「開張足(かいちょうそく)」という状態です。開張足とは、下の写真のように足の甲が横に広がって、平らになってしまった状態の事をいいます。

親指が曲がり外反母趾の症状が出るのですが、それと同時に足の横幅が広がっています。

外反母趾の人はみんな、このように、足の甲が横に広がっているのです。

あなたも、外反母趾になる前に、今まで履いていた靴がきつくなったりしていませんでしたか?それは、親指が曲がるからきつくなるというより、足の横幅が広がるから、靴がきつくなっていたのです。

開張足となってしまった足は、足の甲にアーチがなくなり、足の指同士が広がった状態になっています。

本来、足には3つのアーチというものが存在します。

人の足は、3つのアーチがあるおかげで、体重をささえ、歩いたり、走ったり、ジャンプしたりといった複雑な動きに対応できるようにできています。

この3つのアーチをもう少し詳しく見ていくと、1つ目は「内側縦のアーチ」、2つ目は「外側縦のアーチ」、3つ目は「横アーチ」です。

開張足とは、3つ目の「横アーチ」が崩れてしまった状態の事を言います。

外反母趾の人の足には、この横アーチがなく、平らになっています。

自宅で簡単にできるので、手術をする前にこの外反母趾治療法を試してはいかがですか

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。外反母趾に関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

MENU

歩き方を変える治療とは?

外反母趾wiki

当サイトに関して