辛い外反母趾の痛みに悩んでいませんか?症状がでたら手術をしなければ治らないという人もいますが、努力すれば自力でも治療可能です。

歩き方を変える治療とは?(開張足の原因)

実は、医療関係者でも、なぜ開張足になってしまうのか、明確な原因はわかっていません。

いろいろな説があり、その内代表的なのが、足の指の骨をつなぐ靱帯が弱り、広がっていくという説があります。

なぜ靱帯が弱るのかというと、体重の増加や、運動不足、体質、老化、ホルモンのバランスの悪化などが言われていますが、どれも信憑性に欠けるものがほとんどです。

では、本当の原因とは何でしょうか?

それは、“ペタペタ歩き”が原因で、開張足になると、私は考えています。

もう少し詳しく説明しましょう。

“ペタペタ歩き”という歩き方をすると、本来使うべきある筋肉を使わずに歩いてしまい、この歩き方を何年も続けていると、その筋肉が退化し、結果として足の横幅が広がってしまうという事になるのです。

では、その筋肉とは何か?というと「横アーチ筋」という筋肉です。

本来、この横アーチ筋が、骨と骨をしっかり寄せ付け、足の横アーチを形成しているのですが、開張足の方は、横アーチ筋の筋力がなく退化してしまい、骨同士を寄せ付ける事ができなくなり、体重に潰されて徐々に横アーチが崩れていきます。

自宅で簡単にできるので、手術をする前にこの外反母趾治療法を試してはいかがですか

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。外反母趾に関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

MENU

歩き方を変える治療とは?

外反母趾wiki

当サイトに関して