辛い外反母趾の痛みに悩んでいませんか?症状がでたら手術をしなければ治らないという人もいますが、努力すれば自力でも治療可能です。

歩き方を変える治療とは?(外反母趾と開張足)

世間では、ハイヒールや足に合わない靴が外反母趾の原因と信じられていますが、それは大きな間違いです。

実は、靴が原因で親指が曲がるのではなく、足が開張足になってしまう事で、親指が曲がってしまうのです。

それが証拠に、ハイヒールを普段履いている人でも、外反母趾にならない人は大勢いますし、外反母趾になった人が、ハイヒールを履くのを止めたにもかかわらず、外反母趾が進行してしまう方も多くいます。

また、普段ハイヒールを履かない、「男性」や「子供」でも外反母趾になります。

ではなぜ、開張足、つまり足の甲が広がると親指が曲がってしまうのか、そのメカニズムについて説明しましょう。

足には様々な筋肉が付いています。この様々な筋肉があることによって、例えば、親指を曲げたり、反らしたり、広げたり、閉じたり、といった様々な動作をする事ができるのです。

ところが、足が横に広がってくると、今までバランスがとれていた筋肉が、ちょうど「弓の弦」のように足の指を引っ張ってしまい、結果として親指が曲がってしまうのです。

このメカニズムは、小指が曲がってしまう「内反小趾」の場合も全く同じです。

よく、外反母趾になるから、内反小趾になってしまうと勘違いする人がいますが、「内反小趾」も「外反母趾」も「開張足」が起こり、筋肉が指を引っ張る事が原因で起きる症状なのです。

ハイヒールや足にきつい靴を履くことで、外反母趾の進行を早める事はありますが、根本の原因ではありません。

外反母趾は、まず足が「開張足」になることで起こる症状であるという事実を、しっかりと理解して下さい。

自宅で簡単にできるので、手術をする前にこの外反母趾治療法を試してはいかがですか

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。外反母趾に関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

MENU

歩き方を変える治療とは?

外反母趾wiki

当サイトに関して